フォト

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の14件の記事

翼をもつ猫

070524_1

農場で人間と共生する、
ふくろうのDVD
「Five Oul Farm」
を観ながらスケッチした絵を元に、
墨でいろいろ練習しました。
版画科時代に買った紙、高かったやつだけど思い切って練習に使いました。
ずっと巻かれたまま、いつか使うつもりでいた紙です。
最初は怖いのですが、始めてみたらそういう気持ちは、
描いた線のヤバさに焦ったりする内に忘れてゆきました。

先日の NHK「仕事の流儀」が、装幀家の鈴木成一氏でした。
日本人の本棚に、この人の装幀した本は必ず1冊あるだろうなあ。
あとは祖父江慎さんとかでしょうか。装幀イラスト、やりたいなああ。
若手イラストレーターの作品をジャッジする姿が見れました。
流儀のキーワードは
「上手さより、強さ」
「無意識に見る」 等。

読みましょう

ほぼ日刊イトイ新聞コンテンツ「就職論」より。

メンツが濃いいです
「ザ・グレート・フリー」 対談
瀧、天久、板尾、SAKEROCKのメンバーの人。

http://www.1101.com/job_study/free/

今読んでる途中ですが、おもしろいです!

神保町にて

神保町にて
七人の小人が飲み会してた。

再度アップ

0705192

20日の記事の写真2点が、拡大できなくなっています。
ブログの写真置き場を整理して、削除したら拡大表示できなくなってしまいました。
記事脇の画像は消えないのになんでだろう?
小さく見えづらい、オレンジ色の絵のみ、再度アップしました。

提出日やのに

070521_1

は〜〜。イラストレーションのチョイス、出しに行けなかった・・・
今日丁度休みだったのに!仕上がらなかった。寝坊もした。
毎日コツコツ、がんばって出しに行った人も多いだろう。
今日は一日家にいて、A4を2枚、小品数作仕上げました。
仕上げる事が怖い っていうのに気がついたのですが、
進む為には逃げられないのだから、ぶつかってくしかないのに。
数が足りない。仕上げに慣れるよう描くこと。

5月19日

070521
19日。昔のバイトで友達になったMちゃんと、
駅近の魚民で飲みました。うおたみ。
最近ようやく、お酒飲んでも足が腫れなくなったのでうれしいです。
体の大事さを、最近改めて感じます。散策に連れていってくれる、大事な足。

Mちゃんとは通勤電車の話をよくします。なんで東京に行って働かなくちゃならないんだろう。とか。グリーン車批判等で盛り上がりました。
「ネコバスで通勤したいな〜」とか名言だと思います。
友達に住所を言えば「なにそこ!?トトロ住んでんの?」って訊かれたりするそうで・・
いいじゃんねえ。郊外から出ず豊かに暮らすのは夢だなあ..。

土日運業で最終バスが9時過ぎなので(!!)、またたくまにお開きでした。
自分の住んでるところ好きな2人の集まりでした。

ワンダフル

0705191

18日。幼なじみ友達3人でデニーズで。
ハッピィでスプリング・ハズ・カム な報告を聞きました。
よかったなあ。 ほんとによかったね。
求めるものをしっかりイメージすること、
アクションを起こすこと。 すごく大事で、これから
ますます意識してやってかなくちゃならないなと思いました。

話を聞いているうちに、自分の今、大事にしてる事が見えてきて、
それはそれは一人でいるときよりはっきりとしてきて、
家に帰って絵を描きました。

ダヴィンチ展と合羽橋魔性の味

0705192_7

16日に、上野の東京国立博物館へ。お友達3人でダヴィンチ展に行ってきました。
受胎告知、結構小さくてびっくり。修復後なのか、油絵具の光沢が目立ってました。
でもなんにせよ、本物を見れてよかったです。 
あとは絵のレプリカ(印刷)と、ダヴィンチの発明大解剖の展示。頭使います。
映画の中に見る、最後の晩餐のシーン特集はおもしろかったです。そこでやってた
「ジーザスクライスト・スーパースター」が観たくなりました。演劇より映画で観たいな。

上野聚落でレトロな雰囲気を味わいつつお昼を食べて
銀座線田原町で下車、合羽橋を案内してもらいました。
食器や什器など、飲食店用品の問屋街です。
ニイミの巨大頭部、コーヒーカップの形をしたビルのベランダ、
お鍋の博物館、念願だった食品サンプル専門店・・物見って楽しいです。

「魔性の味 オンリー」 ていう喫茶店で休憩しました。
美味しいけど魔性とまでは・・。70年代風情、BGMのアレなかんじとか
ぐっとくるところを話し合うってのもいいもんです。
 
同行した人達は、それぞれ目の付けどころが個性あって、刺激になりました。本とかガイドとか見ないで行っちゃう人たち。散策って、その人が何を見てるかが伺えて、いいですね。

とけい

とけい
昨晩は友達とタイ料理を食べました。初夏を感じるアジア飯、くせのあるビールが美味しかったです。
そしてNYのお土産と一緒に、アンティークの時計盤を貰いました。腕時計サイズです。1番汚れ激しいやつを選んでくれたそうです(すてき)
シミや欠けが味ありまくりで感動です。裏に画鋲の針金みたいのが着いてます。ムットーニ(からくり箱作家)のアトリエに転がってそうな感じ。
ありがとう!大事なモチーフにするよ〜!

新説おとぎ話

新説おとぎ話
昨晩のNHKアーカイブスで昭和30年代のアニメミュージカルを放送してました。
久里洋二のカチカチ山、
和田誠の舌きりすずめ、(BGMはジャズ)
もう1本はももたろうでした。豪華だなあ!それにタヌキや鬼をこらしめないし。笛で眠らせたり、精霊っぽい描き方で、勧善懲悪すぎないのもよかった。

白黒画面なのに色彩豊かに想像させる絵で、モダンで、ギチギチ動くのもかわいくてクラクラしました。
その前に手塚治虫の特集が放送されてました。亡くなる3年位前のものでした。
 あの神様が、独房みたいな仕事場で、絵が描けなくて悩む姿を見て少し涙が出てしまいました。

平日の休日 vol.1

飯田橋の病院で、怪我した足を診てもらった後、
神楽坂のまっすぐ坂道を歩いてみました。
昔風の、レストランのサンプル陳列や、
パン屋の看板、ファミレス(ロイホ)を撮り歩きしました。

普通の街っぷりに惹かれてしまうので、
石畳の路地に入るとかはしませんでした。
100円ショップで園芸用のチープな柵を購入。
立体作品用。

荒らされた後で夜逃げしたような、古い喫茶店を撮ろうと狙っていたら
スーツのおじさんがたのしそうに携帯で撮ってました。
あまり見ない光景でした。 (そして自分は撮れず。)
ハトの糞を団子のように素手でまとめてるおばあさんに遭遇。

銀座伊東屋で寺田順三のイラスト展を観る。
昔の舶来品風を、かわいく表現していて、
自分の表現したい雰囲気を形にできるってすごいと思いました。

ナルニア国のギャラリーで堀内誠一展もやっていました...
http://www.kyobunkwan.co.jp/Narunia/gallery.htm
観たい!!  今日は、惜しみながらもスルーして、
大学時代の同級生の個展に行きました。
久しぶりに会えて嬉しかったです。 
木版画がメインでしたが、とても繊細で不思議な画質なので、
お客さんからの質問が絶えない様子でした。

北千住のルミネをあてなくうろついて
雷雨の中帰宅。足がまた腫れる。


二枚め 鳥おやこ

二枚め 鳥おやこ
インク絵二枚め。

左下の花が、昔のテーブルナプキンや、
枕カバーの布にあるような、
花柄の感じになっているように見えます。

初めて絵をアップしました

初めて絵をアップしました
インクのボトルに付いている、スポイトで直に描いた絵。
昔からよくやる技法です。
今回は即席写メでした‥早く、スキャナを
自室に持ち込み随時絵アップを
目指したいです目指します。

 襟裳岬の歌詞

バイト帰宅後、TVで
NHK「歌謡チャリティーコンサート」を見る。
つぎつぎ歌謡曲が唄われる中、
歌詞のテロップを目で追っていて、ちょっと笑えてしまったのが
森進一の「襟裳岬」の歌詞
http://www.evesta.jp/lyric/lyrics/lyric28520.html

「理由のわからないことで悩んでるうち・・」とか
「くるくるかきまわして」とか 「寒い友達が訪ねてきたよ〜♪」 とか

ちょっとシチュエーションをメルヒェンにして、
おじいちゃんが岬でお茶を飲んでるとか
舞台ををアイルランドで想像してみたりして、しばしニヤニヤしました。

でも、歌詞はこれ以外にぐっとくる部分多し!
 正直ちょっと感動したのです。
 素朴な魅力。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • イカロスのひび
    とこさんのブログ。 日常からアートまで、はばのひろーいお方。大学生からのお付き合い。
  • ロクダイの家
    2010.11.待望の単行本が発売されました! 『クッキー缶の街めぐり』田中六大  青林工藝舎 漫画家・絵本作家田中六大氏のHPです。 日記や漫画・イラストがのってます。
  • himejohn
    08年4月/新作「魔法少女くるみちゃん」発売! 田中六大氏の 漫画インディーズレーベルです。 「UZO」もこちらから出ています。
無料ブログはココログ