フォト

« 気持ちが手を動かす | トップページ | 沢野ひとし 画集  »

「パンズ・ラビリンス」


先週「パンズ・ラビリンス」を観てきました。

フリーペーパーを頂いたときから楽しみにしていた映画です。
少女、ファンタジー、深い森と、グロ愛嬌あるモンスターたち。

とにかく濃い、中身充実の映画でした。
ずっと息飲むかんじで、ファンタジーにも安息する暇がありませんでした。
終わってからも劇内の子守唄が抜けず、
友人と惚けて銀座をさまよいました。

1944年の舞台はスペイン、過酷な現実と、少女の夢みるファンタジーが同時に展開されていく、そしてついには‥というような感じ、なのですが、
日頃、痛い・怖い映像を避けて通っている私にはギャース!な刺激をビシバシ浴び続ける2時間でした。
画面から目を背けていた人もいたようです。自分は、勇気だして全部見ました。

そんななかでも、魔物の容姿はツッコミ入れたくなってウケるし、主人公の子がかわいくて救いでした。
それから彼女の味方になってくれる、メルセデスという女性は凛としていて好きなシーン多いです。
(マリベル・ベルドゥ、メキシコのロードムービー「天国の口、終わりの楽園。」に出てた人。)

恐怖、痛い、そして不安掻き立てられる映画にも、
その奥になにやら光るもの、希望を見せてくれるものがあるということで私は学んだような気がします。
今度はゾンビ系の映画で古典なものを観て行こうと思いました。「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」とかからでしょか。

監督ギレルモ・デル・トロは、「ハリー・ポッター」の監督要請を蹴ってアメコミを映画化するような濃ゆい人らしいです。なんかイイです。新作できたら観に行くと思います。

« 気持ちが手を動かす | トップページ | 沢野ひとし 画集  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396414/8436884

この記事へのトラックバック一覧です: 「パンズ・ラビリンス」:

« 気持ちが手を動かす | トップページ | 沢野ひとし 画集  »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • イカロスのひび
    とこさんのブログ。 日常からアートまで、はばのひろーいお方。大学生からのお付き合い。
  • ロクダイの家
    2010.11.待望の単行本が発売されました! 『クッキー缶の街めぐり』田中六大  青林工藝舎 漫画家・絵本作家田中六大氏のHPです。 日記や漫画・イラストがのってます。
  • himejohn
    08年4月/新作「魔法少女くるみちゃん」発売! 田中六大氏の 漫画インディーズレーベルです。 「UZO」もこちらから出ています。
無料ブログはココログ