フォト

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の8件の記事

Tシャツに絵を載せてみました。

4/28〜6/8   INFOCUS AWARD 2008 開催中です。

アート普及活動のサイトで、web上の展覧会におよばれ参加しました。

イラストを4点出品しています。いろんな作家さんが参加しています。

本当にいろいろ、バラエティ豊富に‥。絵、イラストを見る事が出来ますよ。

お気に入りは、Tシャツにプリントされて¥3500で販売もしています。

自分ではなかなか、物にして売る形にできないもので、これも経験と思って。

作家名検索で山田ナン  もしくは  サイト内のCチームにて漂っておりますので、よかったら見たってください。

http://www.oneflow.co.jp/infocus-award-2008/

あめっぽい

0331asi100dpi
わら半紙にインクで。
今日はお仕事期間の折り返し地点でした。またがんばろう。

天気予報80’S

">

これ探してたんだ~

たまらない

ぼくの友達の教師が、市販テストの問題を使って生徒に感想文を書かせたのを見せてくれたことがありました。その問題文の文章を要約すると、

授業中に雨がザーザー降ってきて、お母さんたちが次々に傘を届けにくれる。でも、うちのお母さんはパートで働いてるから来られない。お母さんもがんばってるんだから、わたしもがんばろうと思って、わたしは友だちの傘に入れてもらって帰りました、というようなやつです。

で、その感想を五十字以内で述べなさい、という解答欄に

「べつに。」と書いた子がいました。しみじみします。まったく同感です。たかが雨が降って、傘があったりなかったりで、まさに「べつに。」は妥当な線です。五十字すぎるキライはありますけれど。ぼくの教師の友だちはまあ出来るやるだから、」これ、参っちゃうよ、いい点数つけるしかないんですよね」って。

---五味太郎「大人問題」 もうとっくにすっかり疲れきっている大人たち の部分より

だいじなはじまりの日

080412150dpit
今回は久しぶりに「テーマづけ」して絵を作ってみました。(タイトルはそのテーマ)

4/12、とても久しぶりに会う友人と、地元を散策しました。
電車でひとつ行くと、沼地の公園があります。国道に出るとそこは「うなぎ道路」もとい「うなぎロード」、誰も入ってないうなぎ屋のお座敷で遅いお昼を。

私から見て、彼女は「切実に」生きている、という感じが昔からする人です。私の語感で言ってるから語弊があるかもしれませんが、一緒に居ると、自分の鈍チンさに気づかされてハッとする場面がとても多いのです。繊細な彼女に対して、ぶしつけな言葉や行動を控えなさいと自分に改めて命令したくなる。けれど会って話すのが嬉しくてついつい自分全開!でもそういう人との出会いは大切で貴重な事です。この日もたくさんおしゃべりできました。

そしてこの春、その人は いろんな事を頑張っていくと決めたそうです。私も、ここのところ「4月は節目だ、頑張らなくては」と思い続けていました。ちょっと(どころではない)美術に通じる資格の勉強(美術検定にあらず‥)を進めて行かないといけません。将来、絵を描き続ける事にも繋がるがんばりどころなので、自分も心機一新!挑戦しようと思います。ブログ更新などは、遅れがちになるかもしれません(もしくは憂さ晴らしの為に却って増えたりして‥?)

そんないろいろを込めて、彼女にもエールをおくりつつ、自分もやってみよう。080412100dpitori

砧公園にて

080404

世田谷美術館帰りにお花見。桜がす・ごかった・です! 桜の枝って、こんなに地面近くまで這うものなのかと‥木の種類によるかもしれないけど、花見用に、下の枝部分を切ってるのが普段見る桜なのかな?

そおっと枝の内側に入り込み、「桜の雲の上の人」になってみる。足、みえません!(‥何故?)撮影成功ですね!

桜にトチ狂い、友人と公園の芝生で全速力で走ったりして。日も暮れかけて散策の後は、イタリアンとワインで締めた楽しい花見でした。

春散策メモ2-展覧会

4/4‥東京画廊+BTAP スタンリー・ドンウッド 「I LOVE THE MODERN WORLD」  /  イギリスに関するお仕事をしている友人に誘われて行ってきました。レディオヘッドのジャケットを手がけている作家とのこと。ペイント、エッチング。郊外に関心を寄せ、銅版画で表現していました。
-----------------------------
このサバービアの因果関係や、長期的な影響、見通しに興味を持つドンウッドは、不必要に大きく、味気のないモール風建物を囲むように並ぶ集団住宅を描きます。住宅はコマース・商業を中心に建てられ、市民はよき消費者となれ、と云わんばかりに・・・ドンウッドはこれを「スーパー・サバービア」と称しています。ドンウッド曰く、「消費」というのは結核の旧名でもあり、喀血しながら死んでゆく様を連想するものです。
-----------------------------
*サバービア/郊外生活のコンセプトとは、「画一的な住宅での画一的な核家族の暮らしの中に、自然な人間の欲望・真のコミュニティーを求める心・公共の福祉への関心といった、穏やかな社会を破壊しかねない力をひた隠している、奇怪だけど傍から見ると笑える一場面」(2008.2: Wikipediaより)
(以上TABサイト展覧会紹介文より抜粋)



スタンリー・ドンウッド 「I LOVE THE MODERN WORLD」

会場: 東京画廊+BTAP
スケジュール: 2008年04月02日 ~ 2008年04月26日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座8-10-5 7F
電話: 03-3571-1808 ファックス: 03-3571-7689
-----------------------------

4/4‥世田谷美術館「イリヤ・カバコフ世界図鑑」             
 神奈川の美術館から巡回してきてました!うれしい。イリヤ・カバコフは、体制下のロシアで絵本/挿絵画家として活動した作家。限られた中でどう画家は遊ぶのか。「交通ルールを守ろう」の教科書の絵の方が、童話「長靴を履いた猫」の挿絵より面白い。そういう、画家に与えられた余地に思いを馳せてみる。   

 膨大な展示数だったけど、インク(マンガ)ペンの線描がラフかつ「描けてる!」てかんじで見ていて飽きなかった。(昨年頂いた「彼のぬりえシリーズ」は、ブログ「日記」の「11月日記上」に。)

080412100dpi3

ロシアグッズ売り場で1冊残っていた童話。絵がすごい 1982年位のテイストが濃縮されとる!

春散策メモ雑記1

080316
イラストアップ&更新、間が空いていました。
3月末はTシャツイラストを4点、作り、久しぶりにまとめて作品が出てきたのでよかったです。

3/27‥東京都現代美術館/川俣正[通路]と、若手作家の展示「MOTアニュアル2008」、常設展示を観る。行きがけに、ここらの江戸情緒を味わおうつうことで深川丼を老舗で食べました。すんごい深い丼で汁と飯でした。お互いの完食を讃え合いました。江戸資料館もよかったし、帰りにふらふらして清澄白河から森下駅まで歩き、ビール。下町よかとこでした。
メモ>‥金氏徹平氏の身近素材寄せ集めオブジェがすてきでした。 川俣正展、道路に寝転ぶ実験とかうまい棒1万本しきつめるとか、若い人が集まって楽しい実験いろいろしていました。常設展ポップアート特集、いつも思うけどタイガー立石氏の作品あれしかないのかなあ。他のを見たいのに。ホックニーの絵にしびれた。


4/1‥4/1なので、幼なじみと弟に結婚が決まったとメールしました。ひとりは穏やかに流してくれて、もうひとりは2秒だけ本気にしてくれました。うはは。
メモ>‥いましろたかし「釣れんボーイ」と短編集が文庫化していた。文庫化すぐのタイミングで丸善にて発見、即買いできた。同棚の大島弓子短編集「さようなら女達」も一緒に。前日三省堂で「るきさん」文庫版。るきさんは貸したりあげたりで3冊目になった


08034

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • イカロスのひび
    とこさんのブログ。 日常からアートまで、はばのひろーいお方。大学生からのお付き合い。
  • ロクダイの家
    2010.11.待望の単行本が発売されました! 『クッキー缶の街めぐり』田中六大  青林工藝舎 漫画家・絵本作家田中六大氏のHPです。 日記や漫画・イラストがのってます。
  • himejohn
    08年4月/新作「魔法少女くるみちゃん」発売! 田中六大氏の 漫画インディーズレーベルです。 「UZO」もこちらから出ています。
無料ブログはココログ