フォト

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の16件の記事

わけてくれー。

081016今日は新月。神秘的なかんじがしますね。提出リミットは明日。どーかおらにパワーを。

うれしついでに

今日お祝いのメッセージをくれた大切な友人みなさまへ
ほんとうにありがとうございました!普段の誕生日もうれしいですが、
今年は、より友人や両親のお祝いがこころに沁みます。
30寸前だからかしら?ちょっとハイになってます!

ハイついでに作った変な動画、公開終了しました。(10/29)

映画「茶の味」の挿入歌「山よ」、最高です。

今日のテレビ

081021751
























NHKの「熱中時間  」に知久さんが出ていた。ツノゼミ採集についてでした。知久さんの家の中が見れてうれしかったです。物は多そうだけど、ふつうの感じ。ツノゼミ、ちいさくてかわいい。てんとう虫よりかわいい虫がいるなんて。たまが解散してから、ライブも行かなくなったなあ。知久さんの唄でじんわりしていたら、次の番組が始まって美輪明宏がもうすごいシャンソンを披露していました。くぎづけ。美輪さんのオーラって何色なんでしょう?

茶釜にのせて福がゆく

先日、田舎の蔵から鉄瓶を掘り出してきて、造形民俗学のレポート書いたのが戻ってきた。これから先も後もないであろう百点だったよ。でも聞き取り調査に参加してくれた親戚や、FAXで文献を8枚も送ってくれた資料館のご好意がなかったら無理だったから、やっぱり一人でやることに百点はむりなのだろうな。ビデオコンテストにも落ちちゃったしさ。で、鉄瓶は茶釜の一種であり、今日見つけたサイトの「ぶんぶく茶釜」に話題はうつるのです。
読みやすいけど、読み流せない一問一答。

細野晴臣と鈴木惣一郎 「ぶんぶく茶釜」
http://blog.heibonsha.co.jp/blog/chagama/2008/04/post-24.html

朝の集中を試みる

081021752






















朝の時間は貴重なものだと感じるのは年に何回あるでしょう?さて、10月は目をつぶって走り抜きたい気分でいっぱいです。11月のいい天気の中、のびのびする事を夢見ながら過ごします。いや、やっぱ夢見てる場合じゃないんだけど‥

原っぱで遊ぶ

原っぱで遊ぶ
筋肉痛がビシバシきています。10/18、隣町にある水辺の原っぱでお弁当を食べて、キャッチボールをしました。
しかも友人、私の絵のTシャツ着用で登場。なんてサプライズ。夏に出したweb展覧会のやつですね!感謝。
球技が苦手な私も、友人の上手いコーチのお陰で人並に出来るようになりました。
バスっとボールを受け取る時の気持ちよさは癖になる!相手の込めた力がダイレクトに伝わる感じは、絵や文を介する感じとはまた違うなあなど思ったり。

なーんの邪魔もない空間をのびのび使って、夕方は一駅ぶん歩いて、レストランでビール。くー、体動かすと美味い!
嬉しかったな。ビバ地元遊び!な日でした。

ドラえもんとヒデヨシのあいだ

Photo



















どこに問い合わせても無くて、やっと買えたあんずちゃん。あんずちゃんはドラえもんのように人の日常にとけこんでいる化け猫だけど、「アタゴオル」のヒデヨシみたいに笑っておばけともコンタクトしてる絶妙キャラです さっさかした描線がさすがです やっぱり何度も読んでしまう、のったりした日常の妙です。

10月14日

Photo














今日は私の尊敬する小説家である、日野啓三氏の命日です。
昨日行った卸売りセンターの町は、「光る荒地」という短編に載っていました。
昨日は長津田まで行けるフリー切符を所持していたので、ずっと気になっていた風景(夜でちょっとだけでしたが)を見に行ってきました。長津田で乗換えて、南町田の駅に降りてからふと日野氏の命日の事を思い出したのには我ながら感動したりして。

国道を歩く

081014試験。帰りに南町田へ行く。卸売りセンターでつくられた町があるのだ。国道16号を歩く。東名高速のIC付近、古いタイプの中古車売場とラブホテル、車だけが通り過ぎる脇に変な空き地や畑がある。高速の下の道が異様!に怖い。あらゆるものがふきだまっている感じです。行き止まりもあるし、焦って東名高速を生身で小走りしちゃいました(10Mほど)。
夜の人工町は、さぶいぼ立つ位怖かったので入口でUターンしました。いつか昼間に行こうと思います。ひさしぶりに体がびりびりしました。その後246号沿いのカルフールに入りなんとか落ち着きました。246号と16号線では、雰囲気が全然ちがう感じがします。そして戻ってきた駅そばの「グラ○ベリー○ール」の年中クリスマスな雰囲気は、今日感じた怖さも相まって少々辟易気味になってしまいました‥。あそこらへんで犬連れて歩いてる人はすぐ脇の16号線沿いも散歩してみたらどうでしょ。私自身ももっと、自分の居る場所というのに敏感になっていたいと思いました。

レトロをはしごする

Photo

やばい。図書資料探しがレトロ古書・雑誌のオンライン書店のはしごになってしまった。
昔の本ていいなあ。なんでだか雰囲気が、景色が、見えてきそうになる。ネットだと古書屋さんがすてきなセンスで選んでくれているから尚更か。

映画の人

新聞の映画記事を読んで、先月市川準監督が急逝していた事を知る。
「ノーライフキング」しか観ていないので何も語れないけれど、
私はあの映画を高校生だかで観て、初めて「淡々とした物語と、そのゆくえも観たものに委ねられる」映画を経験したと思う。そういう演出のものを求める気持ちにかられる時がよくある。そんならもっとこの監督の作品を観てみればよかったんだな、と追悼記事などを読みながら思う。
私の父親と同じ生年月日でした。テストが終わって落ち着いたら「会社物語」とか観たいと思います。「つぐみ」とかもいいかな?


市川準監督のwiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%B7%9D%E6%BA%96

絵をつづっていくこと

0804011150













トップページは「イラスト」カテゴリーが優先して載るように設定している。というのに最近描けてないので、夏前のTシャツ展覧会で発表した鳥を載せました。へこー。継続すること、か細くても。それを心がけようと思います。

夜の講演会

「引込線」という作家主体の所沢ビエンナーレ・プレ展が今夏行われていました。
気になっていたのですが、見に行けずにいました。
ムサビの公開講座で講演があったので聞きに行きました。

このイベントのはじまりの雰囲気がいいです。地元作家が地元の所沢で飲んでいて‥作家主体の展覧会をやろうと言う事になったという経緯。作家が自立して事を起こして行こうとする行動のあり方。もっと、背景はあるのでしょうけれど、現在の美術批評のあり方や、売れるか売れないかを考えるギャラリー、集客力のあるなしを考慮せざるをえない美術館、若手作家の「待ち」の姿勢(だれかキュレーターが拾ってくれはしまいかという受け身の姿勢)など‥そういった現状から、主催者である作家たちは集い、テーマはなく、キュレーターもいないものとして作り上げたとのこと。70年代などはギャラリーなども少なく、自分達で発表の場所を作っていた‥というのを聞いて、なんだか画廊を借りて発表してうまくいったら‥なんてことが普通のように見えて、ましてお金がないからやらない/やれない、っていうのではなく、自分達で作った物を自分達で見せる事はなんらおかしくはないはずなのに、なぜか尻込みしている自分の事などを思い、はっとした感覚がしました。スライドで展示の状況を見ていると、廃工場(鉄道車両の使われなくなった倉庫だそうです)の中に在る作品はなんだか風通しのよい雰囲気が確かにありました。来年はボランティアも増やしてもっと外に広がる敷地内に作品を拡げて、若手作家も育てていきたいとか。楽しみです。あと面白いのが、批評家自身もお金を出して論文をカタログに掲載し参加するというスタイル。読み応えのある長い論文は、昨今の美術雑誌に掲載されていないし、美術批評への新しい挑戦のような試みなのでしょうか。買ったカタログの内容が楽しみです。母校のM江先生の名もそこに。ちなみに作家は5万円ほどを出し合ったとか。ホワイトキューブではない、タール臭の中で行われた現代美術展。
地元で発表というかたちが、いろんな所で可能になって、見に来る人も何か感じたものを持ち帰れるようなことがあちこちで行われたら面白いなあ。

10月の夜と星

Photoメゾチント

10月の夜

近所の仲良しが神奈川の新居へお引っ越し。
新生活を始めるにはいい季節だなあ、今日も晴れている。
昨夕は家鍵忘れて入れず、家族が帰ってくる夜までちょっと散歩をしました。

駅ビルの本屋には、新書祭りって位に大量の新書系の本が並んでいました。庶民は新書でも読んでろってことかという位に棚を占めていました。
改装してもたいしたことないわ〜と思ってたのですが、筑摩書房の文庫がどっと揃っていたのを発見しました。

杉浦日向子が10冊位揃っている。「るきさん」もある。(牛久ッ子にとっては珍しい現象なのです。)何故か高橋源一郎の「優雅で感傷的な日本野球」のちくま文庫版が3冊も置いてあったけど、あれ何?タイトルに惹かれて買っても中身はわけわかだと思うよ‥。
で結局「トーベ・ヤンソン短編集」を買いました。
独り好きで暗い雰囲気のなかに豊かな風景や作者の洞察がぶわーっと詰まっているような本だなあと思いました。秋の夜にも合いそうです。

「良寛さんのシンプルライフ」みたいなタイトルの本が出ていたと思って探したけれどありませんでした。新書 だし、ここにはあると思ったんだけどなあ。

ヤンソンさん関連のweb散歩(←この表現は「サーフィン」の発展系?なんかうまい)をしていたらムーミンの絵柄瓶入りマヨネーズが出ているとの情報がありました。(確かキューピー)スーパーなどで見た方は教えてくださーい。ほんとにブログってひとりごとですいません。


ハハ‥

最近頭によぎる絵NO.1

Hahaha

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • イカロスのひび
    とこさんのブログ。 日常からアートまで、はばのひろーいお方。大学生からのお付き合い。
  • ロクダイの家
    2010.11.待望の単行本が発売されました! 『クッキー缶の街めぐり』田中六大  青林工藝舎 漫画家・絵本作家田中六大氏のHPです。 日記や漫画・イラストがのってます。
  • himejohn
    08年4月/新作「魔法少女くるみちゃん」発売! 田中六大氏の 漫画インディーズレーベルです。 「UZO」もこちらから出ています。
無料ブログはココログ